腎臓病は食事制限がとても大変です!

腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため本来通り血流が成されずに、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。重ねて尿とともに除外されるような老廃物まで、体内に増えてきます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを常にキープする事が入り用なのです。腎臓病を患った方が行なう食事療法のポイントは、腎臓病の悪化を食い止める事と、体調を良好に保つことにあります。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法をもとに腎不全が進行しないようにできますし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。加えて、透析を初めても、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は非常に重要な治療法です。食事をして摂り入れたたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓でろ過され、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負荷が及びます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。水に溶けやすい性質をもつカリウム(体液を構成している主要成分の一つです)で野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を初めましょう。茹でる事によって取り除けるカリウム(体液を構成している主要成分の一つです)の分量は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業を行なう事で、カリウム(体液を構成している主要成分の一つです)は減らしていけます。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質をもとに造られる老廃物であり、腎臓に行き分離された後尿とともに体外へ出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が減れば、合わせてクレアチニンの数量も減るワケです。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの量が多くなるために、クレアチニン値が低くなります。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品中における全水分が相当します。浮腫自体が無い又は軽度の場合は塩分の制限のみ行なう事となります。制限時の水分量に関してはあくまでも現段階での病状や尿量により医師が判断します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自分勝手な制限はしてはいけません。腎臓病でも食事療法が適切だったら、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせる事が可能なのです。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って実行できる一番の治療行為です。腎臓病を患う方にお勧めしたい、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。このような商品を的確に用いる事が無理のない食事管理につながります。腎臓機能が下がっていくに従い、より厳正に食事を徹底しないとなりません。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー制限が加わります。個人の見解で判断するのではなく、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)が必要です。甘いものと言えど思った以上にたくさんのたんぱく質がふくまれているのです。おやつの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個と同量くらいのたんぱく質が内包されています。購入はこちら>>>>>腎臓病食 宅配

カテゴリー: ダイアリー