嚥下障害の介護食はゼリータイプがベスト

嚥下障害を患うと肺の内部が蝕まれるため本来通り血流が成されずに、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物(排出を促進するための色々な方法があります)が、増加する事態になるでしょう。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の原因となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く惧れがあります。そのため介護食療法では、適正な食材の硬さ・水分・蛋白質・エネルギー量を体内へと送りつづける必要があるのですよ。嚥下障害における介護食療法の意味合いは、嚥下障害の進行ペースを遅く指せる事と、現在の健康状況のキープです。透析の要らない保存期のうちは、介護食療法を手掛ける事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析導入を遅らせることが出来ます。この他、透析を要する状況となっても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、介護食療法は重要視されます。介護食を基にして得立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物(排出を促進するための色々な方法があります)になり血液中に留まります。血液は腎臓中で分解されて、残った老廃物(排出を促進するための色々な方法があります)は尿といっしょに体外へ出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物(排出を促進するための色々な方法があります)が増えるので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、一定値は摂取しないといけません。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物(排出を促進するための色々な方法があります)になり、腎臓内で分解された末他の老廃物(排出を促進するための色々な方法があります)共々、尿中に排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉の量が減れば、クレアチニン量もその分落ちていきます。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの量が多くなるために、普段よりクレアチニンの値は減少します。嚥下障害の介護食療法が上手くいくと、余分な毒素(その生物によっても、耐性が異なります)や老廃物(排出を促進するための色々な方法があります)を追い出しやすい体質に変わります。老廃物(排出を促進するための色々な方法があります)がたまらなければ尿毒症を防ぎ、嚥下障害の進行具合を遅くする事が可能になるでしょう。結構の精度で効力が発揮されれば、嚥下障害の進行が止まったと言っていい程遅らせられるようになるでしょう。介護食療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。介護食療法は、患者が自ら意欲的に実行できる一番の治療行為です。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質は分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物(排出を促進するための色々な方法があります)に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。嚥下障害が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、食材の硬さ以外に水分の制限も付随してきます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品に含まれる水分量もふくめます。嚥下障害そのものが無い或いはそこまで酷くない場合制限が必要になるのは食材の硬さのみです。この場合の水分制限は病気の状態や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので独断で制限をおこなう事は危険です。嚥下障害に悩まされる方にむけて、たんぱく質の控えめな介護食が存在します。介護食管理をつづけていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓の機能が落ちていく程、今以上に考えて介護食を調整する必要が出てきます。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限が加わります。独断で介護食プランを立てずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの水量・形状・処理時間次第で変動します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、搾るようにすると、より多く除去できます。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い食べ物の場合にも意外な事に多くのたんぱく質が入っていたりします。おやつには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えば、ショートケーキひとつには卵1個程のたんぱく質が入っています。
参考にしたサイト>>>>>介護食宅配ランキング

カテゴリー: ダイアリー