低たんぱく食品の種類はレトルトなど様々です

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、カリウム摂取を減らす必要があるでしょう。濃縮加工した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違ってそのものにふくまれたカリウムの量が圧倒的に多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、高カリウム血症を発症する危険が高まります。CKDの治療の時に薬物治療とご飯療法は重要で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。ご飯療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。もし標準体重が60kgくらいであれば、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。食品にふくまれている蛋白の量についてはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導で具体的に応用したご飯を作ることも可能です。開業医さんでご飯指導が難しい場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。腎臓病のご飯療法の目的は、なるべく腎臓病を悪化させない事と、体調を良好に保つことにあるでしょう。透析の要らない保存期のうちは、ご飯療法次第で腎不全への進行を遅らせることができ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。加えて、透析を初めても、できる限り健康体で透析をするために、ご飯療法は大きな意味をもちます。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体のために重要な役割を担っています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりの対処も大事ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。ご飯をして摂り入れ立たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓中で分解されて、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。正常な腎機能であるために、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)の摂取量を抑える必要があるでしょう。けれど、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、全く摂らないわけにはダメです。肉・魚・卵・豆腐に関してはナカナカのたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)がふくまれていますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物の場合でも意外な事にたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)が多くふくまれています。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超え立たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)を摂取する事になります。例えば、ショートケーキひとつには卵1個と同量くらいのたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)がふくまれます。一日のご飯の種類や量についてや、メニューに関するアイデアや、さらに食塩の軽減対策などを指導します。低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)や食塩の摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)・脂質があるでしょう。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)は分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担がかかります。そのため、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)の制限が必要となります。健康体であるための最低限のたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日換算で約30g~40gです。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を初めましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きちんと搾る事で効果は高まります。PR:低たんぱく食品 通販

カテゴリー: ダイアリー